令和6年の門前掲示


令和6年1月の門前掲示


「一日一日を楽しんで」 
   
 今年最初に掲示する言葉は「一日一日を楽しんで」としました。

 仏教には「日日是好日(にちにちこれこうにち)」という言葉があります。
 これは「毎日いい日が続いてけっこうなことだ」などという意味ではなく、「一日一日がかけがえのない大切な日である」、という意味です。
 私たちは毎日毎日同じような日が続くように感じていますが、例えば「令和6年1月10日」という日は、令和6年1月10日を過ぎてしまえば、もう二度と来ることはありません。過ぎてしまえばやり直す事はできません。
 だからこそ、この一日一日を大切に、是非楽しんで生活していただきたいと思うのです。

 令和6年、新しい年を迎えました。この新年を機会に、新しい気持ちで毎日毎日を大切に、楽しんで生活したいものです。











戻る