門前掲示板


令和6年6月の門前掲示


「周りの人の支えや助けがあって初めて、物事はうまくいく」 ノーベル賞・山中伸弥さん 

 IPS細胞の研究で2012年にノーベル医学・生理学を賞を受賞した山中伸弥さんの言葉です
 「うまくいくと自分が努力をしたからだとつい思ってしまうものですが、その割合って実は少ない。周りの人の支えや助けがあって初めて、物事はうまくいくんですね」

 仏教では「因果」を説きます。種をまかなければ、芽が出て花が咲くことはありません。しかし、種をまいただけでは芽が出て花は咲きません。水や太陽や栄養などが必要です。これを「縁」といいます。原因(因)と縁がそろって初めて結果が出るのです。
 どんな結果が出るかは、この「ご縁」によるものが大きいと思います。

 良い結果を得るためには、自分自身ががんばらなくてはなりませんが、結果が出たときは、周囲の支援や協力があってはじめて結果が出たことを忘れてはいけないと思います。
 自分だけの手柄とせず、多くの人の支えや助けでうまくいった、という謙虚な気持ちが、山中教授の魅力をさらに大きくしますね。

 私たちも日頃よりご縁を大切にし、良い結果が得られたとき、謙虚な気持ちで周囲への感謝を忘れないようにしたいものです。






過去の門前掲示

令和3年  令和4年  令和5年 令和6年

平成29年  平成30年  平成31年(令和元年)  令和2年

平成24年  平成25年  平成26年  平成27年  平成28年

平成19年  平成20年  平成21年  平成22年  平成23年

平成14年  平成15年  平成16年  平成17年  平成18年



戻る