門前掲示板


平成30年6月の門前掲示


 「約束しておいて 守らないのは はずかしい
 「かして」といって かえさない自分はいやらしい」


以下は曹洞宗報3月号付録「てらスクール」より

お金をかりたら、かえしなさい

 ある人が良寛さんに、
「お金もちになるための 心がまえを教えてください」
 と聞きました。

 すると良寛さんは、
 「お金をかりたら、かえしなさい」
 と答えました。

 かりたものを きちんとかえすということは、
 親切にこたえて 信頼をうらぎらない ということです。

 良寛さんは、いつも自分をふりかえり、

 約束しておいて 守らないのは はずかしい
 「かして」といって かえさない自分はいやらしい

 とメモをしていました。

 かりたものを ちゃんとかえすことは、とても大切なことです。
 その誠実さがあるからこそ、人に信頼されるのです。

 それが、お金もちの土台になるのですよ。
 良寛さんは伝えたかったのは、そういうことなのですね。

                   (文 中野東禅)

 ここでは「お金持ちになるための心構え」として信頼や誠実さが説明されていますが、どんな事においても信頼や誠実さは大切です。
 決められたこと、やるべきことをきちんと行いたいものです。



過去の門前掲示

平成29年  平成30年

平成24年  平成25年  平成26年  平成27年  平成28年

平成19年  平成20年  平成21年  平成22年  平成23年

平成14年  平成15年  平成16年  平成17年  平成18年



戻る