門前掲示板


令和6年2月の門前掲示


「命をあきらめないでください」 (防災・危機管理アドバイザー 山村武彦氏) 

 令和6年1月1日に発生した能登半島地震によって被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

 今月の言葉は、このたびの震災にあたり、テレビの情報番組に出演した防災・危機管理アドバイザー山村武彦氏が、司会者から震災で倒壊した家屋や家具などに挟まれてしまい、身動きが取れなくなってしまった時の対処法について答えた時の言葉です。
 仏教では「あきらめる」は「明らかにする」といった意味で使いますが、ここでは一般的に使われる「断念する」の意味です。
 家屋や家具などにはさまれて身動きが取れなくなっても、もうだめだと断念せずに救助を待ちましょう。生きようとする力が命をつなぎ止めるのだと思います。

 この言葉は、人生においても同じだと思います。私たちは生きている中で、何度も「もうダメだ」と思う局面がでてくるものです。そんなとき、命をあきらめず、他の方法はないかと模索する事が大事だと思います。
 2月15日は「涅槃会」といい、お釈迦さまが亡くなられたご命日と言われています。この涅槃会を機会に、ご自分や周囲の命について見つめ直してみましょう。






過去の門前掲示

令和3年  令和4年  令和5年 令和6年

平成29年  平成30年  平成31年(令和元年)  令和2年

平成24年  平成25年  平成26年  平成27年  平成28年

平成19年  平成20年  平成21年  平成22年  平成23年

平成14年  平成15年  平成16年  平成17年  平成18年



戻る